「たかがさんま、されどさんま」さんまの認識が変わりますよ。
 

フライパンでお手軽調理、さんまやの灰干しさんまの開き紀州雑賀崎からさんまやがお届け。灰干さんまから料理レシピとさんまのことならお任せ!

さんまや

昭和37年創業以来、、「灰干乾燥」さんま一筋どこまでもこだわりをもって 製造しています。
風光明媚な紀州雑賀崎よりお届けしています。
直売店『さんまや』
電話:073-445-3089
ファクス:073-445-4711


641-0062
和歌山市雑賀崎1072
有限会社 中井水産
電話073-445-3089
ファクス073-445-4711
nakai@sanmaya.com



ホーム毎日放送ラジオ

MBSラジオ『おはようSUNSUN原田伸郎』に出演

MBS毎日放送大月勇アナウンサーと
AM6時、雑賀崎灯台にて(後方は淡路島方面です)
   
 MBSラジオ朝6時から7時45分『おはようSUNSUN原田伸郎』
という
番組。大月アナが各所にお手伝いに行く企画で当社が選ば
れ、平成16
年4月16日朝6時からの生放送に出演しました。
   
 朝5時頃に来られるとの連絡で、当方4時起き(普段は6時起きで
2時
間早い)で待っていました。最後のところで、道を間違えたとの
事、5時
10分に到着。簡単に作業説明、散歩がてらに灯台へ。
  
 灯台到着、大月アナの第一声「うわー、いいとこやなー、ここから
放送
やろ」工場から急遽、灯台に変更、上画の状態となりました。
そのため、お手伝いは後回しとなり、観光案内の放送となりました。
 6時7分頃から原田伸郎さんからの呼びかけで始まり、紹介の後
「この辺は、瀬戸内海国立公園の飛び地でとっても景色の良いと
ころ
です。淡路島から天気の良い日には四国まで見渡せます」と
「さんまや」は「ガイド」となりました。しかし、プロのアナウンサーの
テンションの変
わりようにはびっくりしました。
 確かに、毎日、放送を聞いているので大月アナの第一声の状況
は少
しは知っていましたが、それまで打合せ・雑談をしていた状態
からの変
わり様には一瞬戸惑いました。やはりプロですね。
  

 第1回は約8分ほどで終了。工場へ
 ここからが大変。大月アナに秋刀魚を開くのを手伝ってもらいまし
が、予想通り?無理ですよね。何度か練習したところで、第2回
目が6
時30分頃から包丁の形状等の説明に始まり、実際に開き
ながら放送
してくれましたが、放送はプロですが開きはずぶの素人、
失敗の説明となりました。

 
 第3回目は7時過ぎ、最後は7時40分過ぎで終了。
少し、直売店のこと、「灰干乾燥」のことに加えて、うちの跡継ぎの
こと
まで色々と会話をさせていただきました。
 大月アナ、原田伸郎さん、横井くにえさんとの会話に少し噛み合
わな
い部分があったようですが、何とか終了。疲れました。
 
 放送終了後、我が家へ朝食の時間です。
 さんま寿司、さんまの佃煮、開き焼きに味噌汁。これ朝食?全て
当社
の開きで作ったものです。喜んでいただきました。
 残った寿司、佃煮は会社に帰ってADさんや裏方さんにともって
帰って
もらいました。 
 
 もう少し商売の方の宣伝(直売・通販)をしておいたら良かったと
か思
いますが、最初の放送が灯台からで、少しは雑賀崎の良さを
放送出来
たかなと、こちらの方が良かったと喜んでいます。
 
『おはようSUNSUN原田伸郎』